FC2ブログ
最近興味があることをツラツラ書き殴ります。
だらけル。
暇暇。
2006年 04月 30日 (日) 16:51 | 編集
どうでしょう好きって沢山いらっしゃるのですねェ。
小耳を立てていたらば、「どうでしょう観た?」「観た観た!」
なんて会話を耳にします。
会話に入りたい気持ちを抑えつつ、ほくそ笑んでおります。
できれば一緒に話したい。
どうバカ同士というだけで、気が合いそう。


次の内Pスペシャル。
矢張りドッキリリベンジのようですね。
ふっふっふ。
壮大なドッキリとは果たして。


勉強してたのに気がつくとPCの前にいるのは、如何いったことなのでしょう。
ヤバイよ。ヤバイよチェン。



あああああれ?
…もう4月おわりかえ?!
スポンサーサイト
僕も 私も ランドセル
2006年 04月 29日 (土) 21:29 | 編集
暑い日でした。
調子乗って薄着で出掛けたら、夕方に思いのほか寒くなっちゃって、
風邪引きそうになりながら帰ってきました。
気をつけなければなりません。

そう。
MUSIGという音楽番組。
新潟で第1回を放送致しました。
山口さんと山本さんのコーナーをね。
拝見いたしました。
実に面白かったです。
深夜にひとり笑いを堪えてました。
ランドセルというお題に即興で歌を作る。
お二人の歌の上手さに度肝抜きましたが。
ランドセルなのにやたらマイナーで大人っぽいメロディで、可笑しさが募ります。


赤い 赤いランドセル 
あの子が背負っていた ふふぁふふぁふぁふふぁふ~
筆箱カタカタ鳴らし 縦笛ピロピロ鳴らし

赤い ランドセル 赤い ランドセル ←サビ
僕も (私も) ランドセル ←さすがに笑う山本さん
嗚呼 背負いたいな~!
背負わせてくれよ~!
ずっとこのランドセルを
男だって黒じゃなくていいじゃないかー
たまには青が良い
黄色もいいよ ←ちょっと聞き取れない

赤い ランドセル ←終わると思ったら終わらない
(笑) ←笑って歌えてない
背負いたいな ←やっと終わる



顔をくっしゃくしゃにし笑いながら歌ってました。
まったくどうでも良い歌詞にね。
お二人の歌唱力とメロディが凄く上手くって、おかしかったです。
5分程のミニコーナーでしたが、濃い濃密な5分でした。
来週も非常に楽しみです。


即興って凄いなぁと思ってしまいます。
私には到底できない芸当です。
新しいメロディを作ろうと思っても、何かの歌に似ちゃうんです。
ギターを持ってチョロッと弾くと、自然とメロディができちゃうなんて。
こうゆうのを聞くと、本当に凄いと。
ただただ脱帽。
自由に音楽を操れてうらやましいです。
(*ノェノ)キャー
2006年 04月 27日 (木) 19:53 | 編集
日本語王のウッチャン。
…なんか凄く、――可愛らしい!
どどどどうなさったんでしょう。
体調が良いのですかね。(グロンサン飲んだ?)
笑顔が華やかです。
何だかバックに、星やお花が見えましたよ。

で。よく観てみるとしっかり茶髪になってますねェ。
太陽光に当たれば、もっと茶髪になるんでしょうね。
しかし如何したんでしょう。
何時もの白髪染め?(笑)
それともイメチェン?


今宵はニコーーーッと幸せそうな笑顔に、ものすごく癒さた、
あおいなのでした。
春よ遠き春よ。
2006年 04月 26日 (水) 21:27 | 編集
さみぃよ。
いつになったら春になってくれるのだろう、と考えてしまう程寒いです。
だってわたし。未だに皮のジャケット羽織ってますもの。


新潟で音楽番組「MUSIG」が放送します。
そこでなにやら山本耕史さんの歌声が聞けるらしいと聞きまして、
心躍りながら、楽しみに観ようと思います。
山本さんって、歌手なの…(?)
あ、ミュージカルをする方だから、歌はお上手なのか。



そういえば、UNタイムHPのお写真。
ウッチャン、何気に男前ですねェ。
嗚呼。矢張り行き着くところはウッチャンだなぁと思ってしまいます。
幾ら浮気をしてもね。(ン?)
そして明らかにお洋服が良くなっているのが、凄くうれしいです。
(有難う徳ちゃん。)
日本国バンザーイ。
2006年 04月 25日 (火) 18:39 | 編集
まんぎょんんぼん…
まんぼんぎょ…

…万景峰号ですね。

新潟港に入りました。
日中、パッパラーとラッパの音が鳴り響いておりましたよ。
凄く昔懐かしいような、ラッパの音でした。
なんかこう、戦争中のような。
タイムスリップしたかのようでした。

昔はこうしてラッパの音に合わせて、兵に出る家族や友人を、泣きながら手を振って送っていたのかしら。
と。
そんなことを頭いっぱいに想像しながら、授業を受けておりました。

どうでもいいですよぉ。>だいた
「もう疲れましたー」
2006年 04月 23日 (日) 22:23 | 編集
たった今、ウッチャンのCM見れました。
(*´∇`*)
さわやかサラリーマンでした。
なんか、こう、「ベストパートナー」を思い出します。
(イチローさんは私の理想の旦那さんですから)


天声慎吾れませんでした。
ともあれ、ウドさん!オメデトウございます。
え、CM?
2006年 04月 22日 (土) 21:17 | 編集
ウッチャンのCMが流れているとな。
栄養ドリンクのようです。
全く知りませんでした。
は、はやく見てみたいです。

昔のCMで言えば、「ヘパヘパ♪」が好きでした。
お二人が無表情で腰を振って踊っているのとかね。
シュールでした。


酒屋の息子ですし、大人っぽいウイスキーかなんかのCMとか見てみたいです。
皆でがやがやと騒いでいるビールのCMとかも良いですなぁ。
車のCMも見てみたい。
と想像は膨らむばかり。
テネェス
2006年 04月 22日 (土) 21:12 | 編集
遅い話題なのかもしれませんが、
TVジョンの東京タワーの大泉さんが男前。
おひげが!おひげが!
衣装も好みだ!
…と興奮気味です。

楽しみです。


最近テニスにハマッているらしいですね。
事務所の方やら藤村さんやらを誘って、汗を流しているそう。
かなりマジでやっているそう。(笑)
CUEのサイトにも、どうでしょうのサイトにもこの事が書かれていて、微笑ましかったです。
いいねぇ。
すぃまった!
2006年 04月 21日 (金) 08:33 | 編集
今日はウンナンの特番だった。
録画なしに家を出てきてしまいました。
今宵の帰宅は23時なのに(TωT)
無念。

しかし昨日の日本語王のウッチャンの髪型は一体?
ちょっとしたイメチェン?
ぴったんこカンカン。
2006年 04月 20日 (木) 18:31 | 編集
ぴんたんこカンカン。
大泉さん久本さんの東京デート後編。
おいしそうなお料理ばかり出てきて、
もぅ、自分の目の前のコンビに弁当をひっくり返したくなりました。

ふぐのお刺身が出てきたとき、洋さんがご自分のカメラを構えてましたねェ。
いいのかい!と突っ込みたくなりましたが。リラックスしてらっしゃるのねェ。
(私も綺麗なデザートが来ると写真撮っちゃいます。)

「話を聞いているか聞いてないか分かんなくて、食ってる姿が好きなのよ。男の人の」
「ははは!どっかの工程で病院を入れて欲しいわ。」
照れてるのかなんなのか。冷静な突っ込みでございます。
私はというと久本さんに同感。
ただし、それは恋の初めだけ(苦笑)
だんだんイラついてくると思う。(話聞いてんの!?みたいなネェ)

街で仰向けで駄々をこねる久本さんに、しゃがみ込む洋さん。
恥ずかしかったようですねぇ。
「医者を呼べ医者を!手遅れになるぞ!」(笑)

長い大きな階段をゆっくり降りるお二人。優雅に見えました。
足長いから、こういう姿が中々素敵。
しかし洋さんの「内閣みたいなね」には笑っちゃいました。
さすが。瞬時に発する言葉の威力が違うもの。

ホストでなんかポカーンとした洋さんが可笑しかったです。
居心地悪そうな、ね。
バスガイドさんと分かれるときの「あら、寂しいわぁ~」のおばちゃん口調がツボでした。


いやぁしかし。食ってばっかだな。(笑)
そういう番組なんでしたっけ。
そうきたか。
2006年 04月 19日 (水) 19:21 | 編集
黒龍の柩という小説の(下)を立ち読みいたしまして、
賛否両論のラストをこの目で見ました。

…衝撃的でした。まさか土方さんが…。

そして、私はとっても好きです。
こうゆうのもアリだと思いました。

歴史とは解釈ですからねェ。
云わば何もかもが小説のようなもん、(でもないかしら)



うーむ、今週土方歳三最期の一日DVD発売なのですねぇ。
買おうか迷います。
うーむ。。組!自体見てませんカラ。
楽しめるのかしら。
水曜どうでしょうHPにて!
2006年 04月 18日 (火) 22:11 | 編集
「新潟勢」にご報告!

NT21(新潟テレビ21)さんで「2005年新作」の放送が決定!
5月25日から毎週木曜日24:45~

さらに!その後7月20日からは「どうでしょうクラシック」の放送が開始!

新潟の皆様!またまた長いお付き合いのスタートです。
どうぞよろしくお願いいたします! 


やったーー!!!

こちらこそ、これからもよろしくお願いします!(嬉)
いっぱいいますよ
2006年 04月 18日 (火) 18:28 | 編集
山本耕史さんが気になったので見てみました。

芸恋リアル。(もう番組自体は見ないだろうなぁと思う)

「思い当たる人は?」に
「いっぱいいますよ!」
これには笑っちゃいました。

が、
確実に告白されるの…慣れてらっしゃる。
スタジオもザワザワしてましたねェ。
この手の番組は、どこまでネタか分からないですからねェ。
あの位がベストな返答なのでしょうねェ。

いやぁしかし。モテる人なんだろうなぁと思いました。
基本的に人が好きなんですね。たぶん。
(のわりに一人焼肉)



ただいま桜が満開でございます。
キレーだー…。
ぽか~んと見上げてしまいます。
しかし一番好きなのは、桜が散る時。
花びらが、命を落とすかのごとく落ちてしまうでしょう。
切なくもあり、一番美しいなと思ってしまうのです。
俺がやる。
2006年 04月 17日 (月) 20:46 | 編集
池田屋事件の時、実際に沖田総司が土方歳三に言った言葉。
「歳さん、退いてろ。俺がやる。」
かぁー。
意外と男っぽいのね、沖田さん。
しびれたあおいでした。

かなり今更な内容で申し訳ないのですが、私にとってナウな話なので堂々と書かせてもらいます。
大河ドラマ新撰組!の沖田総司役、
藤原さんってかなりのハマリ役だなぁと。
思ったわけです。
ニコニコ笑って、人懐っこくて、(多少ヒラメ顔で)、背が高くて。
本当の沖田総司もこんな感じだったのかなぁなんて思えるくらい、私のイメージの沖田さんとドンピシャで凄く嬉しい。
続いてはまり役は斉藤一さん。オダギリジョーさんですねぇ。
め、目が凄く鋭くて。恐ろしくて。おっかない。そして陰湿な空気を回りに纏っていて。
で、やっぱカッコいい。
初めてオダギリジョーってカッコいいんだな、と思いました。
それぐらい印象を変えさせてくれたんですもの、はまり役。
個人的に、そんな印象でございました。

しかしアレね。
この組!のキャストが決まったときって、凄くブーイングがあったらしいですねぇ。
大河ドラマに疎い私でさえもそんなことを耳にしたくらいですもの。
主役がジャ○ーズって辺りがブーイングの元でしょうか。
若すぎる。という事でしょうか。
しかしねェ。
新撰組って20代後半か30代前半の隊士が殆どですよねぇ。
今までの新撰組って、ありゃ相当なおじ様達でしたでしょう。
渋すぎる新撰組でしたものねェ。
実際は30歳という若さで、日本のため…藩のため…組のため…、
命を投げ捨てていたんですから。
この組!は一番近いような気もしないでもないですよねェ。

しかしまだこの「大河ドラマ新撰組!」全部拝見しておりません。
正直、怖いのです。
新撰組の物語は絶対悲劇的に終わるんですもの。
そらぁ敗軍の定め。
それを映像で見るのが怖いのです。
流山なんて、絶対100%泣くこと予想つきますし。
悲しくなることを分かっていて見るのは辛すぎる…。
普通のドラマだと、嫌だなぁと思いながら「これはフィクションだ」と言い聞かせて、暗くなる気持ちをなんとかUPさせていたものの。
コレはだって、本当に忠実にあったことなのですよ。
逃げようがない。

ずっと見れないような気がする。
(しかしやっぱ見たい!という気持ちと日々葛藤。)
カチカチ
2006年 04月 16日 (日) 22:37 | 編集
発熱により一日中寝てましたら、夜に目がさえてしまいました。

そして電球が切れそうで切れない、あのカチカチと点滅していて、
無性にイライラしております、今日この頃。


昨日のウンナンタイムで、マネージャーが変わったと発言していたそうで。
なんか寂しいです。
トミー!嗚呼トミー!カムバックトミー!
30代後半から何かとウッチャンは波乱万丈で。
その中、四六時中彼と一緒の時間を過ごしていた人、ですから、
何かこう、くるものがあります。
「トミーが居なきゃ何にもできない」なんて甘えたウッチャンの顔が良い顔でしたわよ。
有難うトミー!
がんばれトミー!(何故か連呼したくなる)

内Pスペシャルがまたもあるみたいで喜ばしい限り。
内村プロデューサーへ、リベンジドッキリを仕掛けてほしいです。
マネージャーも変わったなら、やりやすい今が勝負!
山本さん
2006年 04月 15日 (土) 20:39 | 編集
風邪を引いてしまい、グジグジです。

さて。
大河ドラマ新撰組!DVDを少しだけ見まして、遅ればせながら山本耕史さんの土方歳三に好意を持ってしまいました。
ちょっと不良のようなネ、土方さんを格好良く演じてくれていて素敵なわけです。
当時はなんとも思ってなかったんですけどもねェ。
人の気持ちとは変わるものですネェ。

そんな山本耕史さんが、昨日「英語でしゃべらナイト」にご出演してらして、拝見しました。
ほう、舞台人!このかたは舞台俳優なのですねェ。
(私は何故か舞台の方を好きになることが多い。大泉さんしかり。内村さんしかり。)
山本さん、英語が凄く流ちょうで格好良かったです。
あれは、惚れるね。
当たり前ですけど、カツラがなければ土方歳三の印象はあまりナイです。
どっちかというと、カツラ有りの方が好きですが。
こういう人なのか、と思いながら見れて良かったです。
買っちまいました。
2006年 04月 15日 (土) 16:27 | 編集
パソコン、即決で買ってしまいました。
大きな買い物をすると時ほど、もの凄くあっさり買ってしまいます。
いい…のか?

一から色々と調べております。
まだ何も知らない真っ白なPCを自分色に染めあげる快感。
とても「めんどくせぇ」です。
此処の管理者ページは何とか突破しまして、無事書き込めます。
が。
昔見ていたほとんどのサイトは、サッパリ何処にあるかわからずじまい。
奥深くまで探りこんでいかないとないようなサイト様にゃあ、一体如何すれば。(トホホ)






N×Uという言葉がお分かりの方、以下をば。
パソコンが・・・。
2006年 04月 13日 (木) 19:27 | 編集
バグりました・・・。
非常にヤバい事になりました。
色々、モロモロのIDやパスワードも何もかも吹っ飛びました。
ドウシヨウ・・・。
バックアップもとらず、のうのうと5年間使い続けてしまった罰でありましょうか。

この機会に新しいパソコンを買おうと思います。
しかし、新しいパソコンで、コレ、更新できるのでしょうか・・・。
(パス忘れた)
いつも除いているサイトに辿り着けるのでしょうか・・・。

(_TдT)
うぅッ。

あぁいつも夜にパソコンをいじっていたから、できないと淋しいです。
おやおや!
2006年 04月 11日 (火) 20:35 | 編集
大泉さん、お次は「釣りバカ日誌」にご出演。
凄いですねェ。
勢いが止まりませんねぇ。

「東京タワー」の撮影も始まったようで。
某所HPで拝見したのですが、顔合わせの時ビックスターに囲まれた洋さん、
緊張して、顔が上げられなかったそうな。
か、かわいッ!
ビクビクしちゃってェ。
守りたくなるねェ。(冗談ですよ)
いやぁ頑張っている洋さんを見ると、私も頑張ろうと思えてきます。

洋さんのお顔、…お髭を蓄えていたほうが好みデス。
最近のモバキューの洋さん、ちょいとワイルドなんですよねェ。
手入れをしてない時に撮っているからなんでしょうが。
残念ながらTVのご出演の際はちゃぁんと綺麗に剃ってしまうので(どうでしょうは例外)
見ることは少ないのですが。

爽やか系より、荒々しい方があっている気がするのになぁ(笑)


うーん、今日は風が強い。ゴウゴウいってます。
スカートの方!ヅラ的な方!要注意。
土方さんのこと。
2006年 04月 08日 (土) 14:19 | 編集
土方さん関連のブログって、意外に沢山あるのですねェ。
驚きました。
人それぞれの歴史解釈や、土方さん像を見るのはとっても楽しい事です。
そして感化されます。


知れば知るほど、…悲しみといいますか、胸が苦しくなる想いが募っていきます。
特に局長の死後。
北へ北へと戦い続ける姿。どんなに辛かっただろう、と。
しかしねェ。ブログを巡り回って、一つ気持ち的に何処かスッキリしたことがあります。

今までは、局長の後を追おうとして「早く死にたい」「死に場所を探している」というイメージを持ってました。
局長無き後の1年はどれだけ辛く、もう人生は終わったようなものだとし、ただ生きていたのではないかと。
そんな風に想うが故、函館時代の土方さんの事は想像すると辛いから想像しません、という姿勢でした。
でもあるブログで「そんなわけない。」という意見を拝見した途端、函館時代がそう悲劇的には思わなくなりました。

土方歳三は死に場所を探していたのではなく、もう時代をひっくり返す事が無理だと悟ったこの戦いに、命を惜しむことなく戦い抜いただけ。
そう、自殺だとか死に急いだとかではなく、あくまで戦い、そして勝ちたかったのだ、と思いなおしました。
言われてみれば当たり前なのですねェ。
そんな死にたい人が、何十人もの隊士を指揮する隊長になれるわけがない。
そうか、本当にずっと死ぬ間際まで、戦っていた人なのだ。と想うと悲劇ではない。
私の中で、また一段と土方さんが大きくなりました。


逆にね、鬼の時代の時の方がきつかったのかな、とも想う。
北へと行く時は、もう新撰組の鬼副長仮面を外して、そしてもう後は戦うだけ。
戦わなくてはならない使命感のようなものもあったかもしれませんねェ。

私が函館時代が嫌だった原因は、小説やらの本が原因。
どうしたって新撰組の物語は悲しくなって終わるんですけど、
仲間を失って苦しく辛そうな土方さんがただ一人北へ行き、「昔は良かったな」なんて悲壮感たっぷりで死んでゆく。
それが嫌だったのです。可哀想と想うしかないじゃないですか。
見方を変え、希望を持って戦い続けていた姿に解釈したって良いんじゃないか。

想えば想うほど痺れる生き方をした人なんだなぁと思います。
幕末という壮絶な時代に大きな波に流されることなく、グッと足を踏ん張って自分の生涯を全うした人。
…恰好良いねぇ。

まだ「大河ドラマ新撰組!!」全部見てません。
数本の本とブログ巡りのみ。
忠実なんだか創造なんだか分からないような情報のみ。
だけど楽しい。
「ふーん、そういうシステムなんだ」
2006年 04月 06日 (木) 20:38 | 編集
さぁさ、本日「日本語王」SP。
 ウッチャン、水戸黄門の恰好で京都をブラリ。
何だかお肌が綺麗に見えました。
カメラがウッチャンの顔を映すことが多くて、得した気分です。
総合司会を接待!なんて言っておいて、全く食べ物を食わせないシステム(笑)
接待する方がお腹一杯食べているのが面白かったです。
1600万円の着物を「これだとポンチョみたい…。」こらこら。
しかしウッチャン、何気に和服似合うんだからもっと着て欲しいです。
そして「ボクは帰ります!」名言にて終了(笑)
面白かったですよ。
モジャモジャって言ったな
2006年 04月 06日 (木) 20:33 | 編集
モバキューのお写真。
ケーキを持ってる大泉さんがなんだか男前に見えて仕方がない、今日この頃。
最近髪型がすっかりモジャってきて、中々良い感じですよお。
男らしいといいますか。

そうそう、着ウタをついに配信なさりましたね、モバキュー。
ルンルンでページへ飛んだら…がっくりしました。
「…か、金いんのかい!」
 高いよ。1曲105円。

あえなく断念。
世界の果てまで
2006年 04月 05日 (水) 15:45 | 編集
イッテQ。
ウッチャンとウドさんの旅以外は見てません。
うーん。興味が…ねェ(笑)

二人旅は微笑ましかったです。
食事が来た時、キャアキャアと嬉しそうに騒いでいたのが印象的。
提供で一瞬お二人、チャイナ服を御召しだったのに!本編カット。
もう少し時間が長ければFANはムフフだったのになぁ。
コレだと、FANも一般も中途半端な内容だったかなぁと。
そんな事いっても二人で言い合いをしながらも目的地に着く所や
お馴染みの「すわぁいこうだーー!!」と叫ぶ所とか、(´ー`)
懐かしく拝見できて嬉しかったです。

西遊記の音楽が流れた時は驚きました。日テレさん。宜しいのか!
今回の一番のツボが、最後万里の長城で絶景を見る寸前、
高いところへ軽々ひょい!と昇った所!!です。
こんな些細な所でときめく、乙女あおいでした(笑)


木曜日は日本語王SPです。
土屋アンナさん
2006年 04月 04日 (火) 18:27 | 編集
「情熱大陸」土屋アンナさん特集でした。
今更ながら、矢張り綺麗なお顔。
あんな若くてバリバリ現役ママは恰好良いな。

我がが強くて「女王様」的な部分が彼女の味ですねぇ。
どんな一流に囲まれても、自分の意見はしっかり言います。というスタンスが良いねぇ。
貴方は貴方。私は私。という個人主義にも流石だなぁと思います。
強いですねぇ、彼女は。
私はとても真似できない。

でも。強い裏には、それなりの中傷にも耐えた結果なんですねぇ。
「生意気」と言われたりもするでしょう。此れから先もあるでしょう。
随分不器用な生き方なんじゃないか…と想わずにはいられない。
が、それは一番彼女が好きな生き方なんですねぇ。
余計な苦労も買っちゃう。

ファッション雑誌でね。
皆お目目パチクリさせて、上目遣いで「私可愛いでしょ!」なんて見せ付けられるページのオンパレードの中、
厳つい顔して、カメラを睨みつけて綺麗な顔を崩した「不良」を見せ付けるモデルさんが居たのですね。
それがアンナさんでした。 
勿論好きになりました。

変ってるなぁと思います。
人の目気にせず、人と違う事をするんですもん。
ファッションショーでも普通のウォーキングはしない。
腰をくねらせて、踊るみたいに歩くんですよねぇ。
ソレが邪道だと言ったらそうです。がしかし目が離せないでしょう。
カッコイイ!って想わずにはいられないでしょう。



改めて見ると、本当にスタイルが良くて思わず溜息。
顔小さい。
指が綺麗。
足長い。

スカイくん可愛い。
大泉さんご誕生
2006年 04月 03日 (月) 23:03 | 編集
大泉洋さん。
お誕生日オメデトウございます!

まだまだ男盛りでございますよ。
ビックな仕事が舞い込んで、プレッシャーやら不安やら希望やら、色々気持ちが揺れてそうな時期ですが、
子猫ちゃんは常に暖かい目で、貴方を遠くから応援しておりますよ。

寝つきが悪い日や、パッと暇が空いた日は、気付けば水曜どうでしょうDVDを手にしております。
ぶははは~!と一頻り笑っております。
嫌な事もその時は忘れちゃいます。
ありがとう!ありがとう、キラ星!大泉洋。

私は水曜どうでしょうDVDさせあれば、なんか…
なんとかやっていける気がします。
うん。ソレくらい、手放せないものになっております。
内Pスペシャル!
2006年 04月 02日 (日) 21:56 | 編集
冒頭の、皆でカメラに「イェーイ」と寄ってくるところがスキ。
子供みたいだ。

今回はなんといってもウッチャンドッキリ。
最初に「ちょこん」と座ってる姿が、可愛かった(笑)
嗚呼、そういえばウッチャンのこうゆう襟がある服って、珍しいんだなぁと。
TVで初めて見たかもしれないと、思いました。素敵さね。

「どこだココ…」 
低い声がうふふv(キモ)でした。
もう何処行くのか不信がってましたねぇ。
察しが早い。
後部をもたれてる顔、かなりおっかなかったです。
殺し屋です。

トミーの唐突の「お腹痛い…」発言に、
じぃーーーーっとトミーを睨みつけるウッチャン。
考えていたのでしょうねぇ。
下から上へ、なめるように視線を移すところがチョットツボでした。


「これドッキリだろ…」
見破ったー。すごいですねぇ。
ナンチャンが「内村はドッキリ引っかからない!全部オレ!」なんつってたのを思い出します。
ニヤッと笑いながら「なぁドッキリだろ?ドッキリじゃね?」 とトミーを攻め立てます。
トミー!頑張って!(笑)
「ドッキリじゃないですよ!」
「本当に?」 この本当に?の言い方が舌足らずで可愛い(笑)

ガソリンスタンドでもキョロキョロ周りを見る辺り、何が起こるのだろうと気が気でなかったみたいですね。
斉藤さんを見つけて「何やってんだよ」
ウッチャンのこう、真顔からニヤ~と笑顔になる瞬間が好きです。(マニアック)
ゲッツ!久しぶりゲッツ!(今如何しているのだろう。)
そして早々に終了。

「だいたいお前がトイレがどうこう言うわけないしよ」
ココが何か、妙に感動。
常日頃トイレがどうこうとか、自分の我が侭なんか言わないって事でしょう。
凄いことではありませんか。
信頼してるからこそのウッチャンの発言だと思いました。
そしてトミーの顔がやけに男前であったこともヒッソリ嬉しい。
優勝はトミーで満場一致。
おめでとうトミー!(連呼しすぎ)
1×8??
2006年 04月 01日 (土) 17:28 | 編集
本日の地元のテレビ欄に、初めてお目見えする番組名が。
「1×8いこうよ」

うえぇ?

ちょっと私、最近ぬべーっと過ごしてきた所為で頭でも可笑しくなっちゃったのかな?
なんて考えちゃうほど、意外な番組。
HPを見ましたらば、期間限定で放送するみたいです。
良かった!見逃さなくて。
と喜んでいたのも束の間、すんごい短い。
たった3回!
……うぉう!ナマゴロシネー!
こんなら、いっそう見ないほうが良いYO-!


あ。
本日エイプリルフールですねぇ。
見事に忘れておりました。
特に誰も騙しはしないですから、特に意味ない日です。
昔はよく友達と「誰かを騙そう!」と作を練っていました。
「どうする?何を騙す?」
「どうしよーか。でも本気で怒らせチャ不味いから」
「うーん…如何しよう…」
「……ねぇ…どうしよ…」
結果、何もできず終了。
毎回そうでしたねぇ。
企画構成には、間違ってもいっちゃいけないな…。

copyright (C) だらけル。 all rights reserved.
designed by polepole...