FC2ブログ
最近興味があることをツラツラ書き殴ります。
だらけル。
たわごと
2007年 11月 30日 (金) 18:41 | 編集
お金がないと水分すら取れないんだ、という事に気づきました。
昨日、財布忘れちゃったのでもうお茶すら飲めなくてねェ。
辛かったんです。
どこかに無料で暖かいお茶くらい飲める所を作っておくれや、と。
どこかのだれかお偉いさんに言いたかったです。はい。
財布忘れる自分が一番いけないんですけども。


気がつけば11月終わりますよ。
いやぁ、早い。
毎年毎年言うような気がしますが、早いですねェ1年。
あっというまに1年過ぎていくんですもの、
気がつけば60歳70歳となっていくんでしょうねェ。
もっとゆっくり人生を味わせておくれよ、と。
ほんと。
2008年こそなんというか自分的に充実したぞ!と言える様な年にしなくては。

さ、マリオでも観てこようかな・・・。
スポンサーサイト
93のダメージ
2007年 11月 29日 (木) 06:26 | 編集
20071129062638
財布を忘れた

どうやって生きよう
ねェ
2007年 11月 28日 (水) 20:32 | 編集
ええ、シゲさんが月9に出ていたとは、知りませんでした。
何気なく全国ドラマにちょろちょろ出ますよね、ナックスさん達。
何気なく。
大泉さんが中でもひときわ目立ってはおりますけども。
暴れん坊しか観てない、というかソレさえチョロチョロ逃してるんですが。
なので殆ど見逃しっぱなしです。

ああまた連続ドラマに夢中になれる自分になりたいなぁと。
前までは夢中だったのですがねェ。
池袋~とか、ビューティフルライフとかね。
いや王道ですけど良いんですってコレが。
最終回泣いたってコレが。ねェ。
懐かしいですなぁ。
ああそれと白い巨塔もハマってました。
最終回はもう胸がやけそうでした。ねェ。
サマースノーというドラマも、ラストがもうもう。ね。
・・・・あ。
いま挙げたドラマの殆どが、主人公が死んじゃってますけども。
いやいや、人が死んで「THE END」なつくり程安易なものはないと思いますよアタシは。
ね。
でもまんまと泣かされるんだ、それもまた事実。
印象に残るのはやはり人の死なのかしら。
それもなんだかねェ。







そういえば、
某動画サイトで大泉さん関連の動画の殆どが削除されてしまいましたねェ。
びっくらこきました。
どうでしょうなんて全滅でございますね。
後で見ようと思って保存せずにいたら、アウチでした。
のん気すぎました。
ドラバラも消されましたよねェ。
アチー。
でもコレは致し方のない事といえばそうですもんね。
たぶん、事務所的なものが動いたか、会社的なものが動いたか、のような気がしなくもないですよね。
いきなり一気に大量削除、ですよ奥さん。
関係者さんの匂いがしませんか奥さん。
DVDで観ろ、という事なんでしょうねェ。
え、ちょ…
2007年 11月 28日 (水) 18:17 | 編集
20071128181728
温めずにお召し上がりください
と記されたおにぎりを、問答無用に温められタヨ
残念な日ダヨ
かくさもんだいです!
2007年 11月 27日 (火) 22:01 | 編集
20071127220152
暴れん坊、
あの音尾さんのインパクトに笑ってしまいました。

そして日村さんが良い味出してらっしゃる
こわきもおもしろい
待望
2007年 11月 27日 (火) 21:25 | 編集
「正月の特番でコントの番組をやります…」
とあんさんの日記に書いてありますね。
これは前の文からして、ウッチャンと一緒に、という事ですかね。
そうですよね。きっと。ね。
いやぁ実に久々ですねェ。
いっとき頻繁に作って下さっていましたよね。
単発コント番組。
定期的なコント番組は連作とかが楽しみだったりしますが、単発もいいんですよねェ。コレが。
凝縮されてる感があって。
あのターミナル、のコントみたいにあいだあいだに入ってくるコントとか好みです。なんとなく。
統一感がありますよね。それが入るとね。
あと最初の、泰造さんと一緒にコタツに入って色々シュミレーションコントをしたやつが良かったなぁと。
いやコタツだっけ。ちゃぶ台だったかしら。
まぁね。
あれは犬が終わってしまって、初めてのコント番組だった(と思う)ので、
犬と全く違う系統のコント番組も面白いなぁと、
色んな引き出しがあるんだなぁと、嬉しく思った記憶があります。
はい。
次回はどんな雰囲気の番組なのか非常に楽しみでございます。
休日
2007年 11月 26日 (月) 13:31 | 編集
20071126133105
最近頭がガンガンしまふ

こんなんじゃコモドドラゴンに食われちまうゼ
丸呑まれだゼ
意外
2007年 11月 25日 (日) 17:20 | 編集
某スタッフさんの日記に、ハンブン~の打ち上げのお写真がありましたねェ。
なんとも細やかに撮ってくださって、有り難や有り難や。
しかし楽しそうですねェ。
特に大竹さんがノリノリ!というのが、意外でした。
大竹さん中心に盛り上がった、なんて。
芸風と違うじゃないかー。
いいぞいいぞ大竹さん。

ウッチャンは相変わらず、見守るポジションだったみたいですね。
たまにTVで、飲み会や宴会の風景を見る機会がありましたけど、
ホント喋らない方なんだなぁと思った記憶があります。
今、どうだか解らないですけど。
よく笑うし、喋りかけられたら喋るけど、自分から盛り上がり役には徹しない、のかな。
そんなところも好きさ。


バナナマンのラジオ、某所で拝聴しました。
舞台の事を中心にお話しされてまして。
昔シャララを観ていた、とかバナナのお2人がウッチャンに対して、
そこまで憧れの目というか、、
そういう風な存在だった、とは初めて知りました。
内Pで初めて濃く共演させてもらった時は嬉しかったとか。
へぇー。
アレ、そういえば内Pで自宅にウッチャンのグッズがあった人って設楽さん?

そして今は「ウッチャン」とは言えないんですってね。
「内村さん」としか言えない。
ふかわさんもそうなっていきましたよね。
さん付け。
バナナのお2人は、ウッチャンが居ない場所でも「ウッチャン」とは言いにくいみたいで。
なんなんでしょうね。
ウッチャン自身は「ウッチャン」と呼ばれてもニコニコしていそうですけど。
この優しさに溺れるのが怖くて呼べないのでしょうかね。
どうなんでしょう。
とにかく偉大だなぁウッチャン。
(私はあくまでウッチャン)
2007年 11月 23日 (金) 20:02 | 編集
某動画サイトでね、
スーパーマリオを観てました。

懐かしいですよねェ。マリオ。
ファミコンで昔やったなぁと。
ただ私はゲーム全般苦手なので、兄貴のを横で見てる方が多かったですけども。
その感覚でね、人がやってるマリオを観てます。
なにやら再生数が半端ないので、有名なんでしょうけども。
やー、面白いんですねェこれが。
某マリオカートの動画で、声を出して笑いそうになりました。
とある奇跡の瞬間を見てしまったんです。
コレは是非みて頂きたいなぁと。

で、いま、
自作でスーパーマリオワールドを改造して、ソレを友人にやらせる、という動画を観てます。
改造って。凄いですよね。
それにすら驚いたんですが、内容がもっと凄いんですよコレが。
難しいのです異様に。
コレをもし発売したら、子供たちから苦情殺到だろうなと。
始まって1秒でもう危機が迫ってるんですもの。
ソレにチャレンジするのをズーット見ていく、そんな動画です。
微妙に手に汗握りるんですよ。
そして応援する。
クリアした瞬間は、感動すらします。
おめでとー!と。
さぁまた見に行こう。
無題
2007年 11月 22日 (木) 19:00 | 編集
20071122190049
最近トイレがバカ近い

此奴のSAYかな
あぁ所為がSAYになってしまったけど気にシナイヨ

昨日の日本語王忘れてたけど気にシナイヨ
せつない
2007年 11月 22日 (木) 18:26 | 編集
DVDまで待ちます、と申してましたが。
観ちゃいました。
結婚詐欺師。
初見はやっぱり高画質で大画面で観たいと思ってたのですが、
気づいたら再生を押してました。
恐るべし。


くわしく内容は書きませんが、やー…。
本当に情けない男でしたねェ。
阿久津さん。
橋口の方が華があって優雅で、主役はどっちだと思わなくもないですが。
私は橋本は嫌いですわぁ。
しかし色んな見方ができますよねコレ。
橋本は憎めない!という感想をお持ちの人もいますし。
わたしはやっぱり阿久津側でしたが。
女性側は…
あ。くわしくはDVDが出てからにしようそうしよう。
~~
2007年 11月 22日 (木) 06:15 | 編集
20071122061515
もう6時なのにこの暗さ
私の思想を見抜いてよ
2007年 11月 20日 (火) 17:12 | 編集
さっきから、
前を行くカップルと偶然同じ方向に歩いていて、つけてるっぽくなってるなぁと一人焦っていますあおいです。
バスから雑貨屋から駅、と同じタイミングで行っている、て。
何だこれは。
あくしょんすたあ
2007年 11月 19日 (月) 20:06 | 編集
ウッチャンの舞台、大成功だったみたいですねェ。
そして沢山の芸能人が来ていたみたいで。
凄いなぁ。と。
さすが人脈のある方だ。
FANとしてもなんかニッコリしちゃいますねェ。
そしてDVDにもなるらしいですねコレ。
決定ですかね。
いやぁ嬉しい限りですな。待ち続けますよ。


あのキャイ~ンさんの暖簾は良かったですね。
アクションスターと書かれたオレンジの暖簾。
センスあるわー。
なんか笑っちゃうもの。
今でも仲良いんでしょうかね。
深く深く繋がってらっしゃるようで微笑ましいです。

そしてなんといっても出川さんのお花。
自分を祝福しちゃいました、と。
面白いですねェ。
こんな所でも面白い。
ここでもキャイ~ンさんのお花が、個性が光ってますね。
あれ切り絵ですかね。
東京タワーと109が書いてありましたね。
自分達で作られたのかな。どうでしょう。
あとナンチャンもバギッとありましたね。
観に行かれたのかしらね。
(@`▽´@)
2007年 11月 19日 (月) 19:37 | 編集
いいともに大泉さんがバギッと出演してましたねェ。
全体的になんかこう、訛っていた喋り方でしたよね。
あれは北海道弁なのかしら。
お客さんがずっとクスクス笑っていたのが印象的でした。

ドラマのあの鼻歌部分の裏話をご披露して下さいましたねェ。
ナックスハリケーンを大々的に歌うのは流石に抵抗あるようで。
ちょっとテレ気味なね、大泉さんが良かったですよ。
いやでもドラマを撮りつつ、北海道帰って仕事して、また東京来て、って忙しいですねェ。
客観的に観ると、北海道と東京の板ばさみ的な感じがしてしまうんですが、
本人からしたら、帰る場所がある方がいいんでしょうね。
北海道から完璧に出ることの方が、辛いんでしょうね。
ね。


そういえばあの挽きたてCM。
雪の中、コーヒーで暖まるみたいなCM。
可愛さを前面にアピールしてるんでしょうが、私は断然「ハイ!!」が好きです。
半端ないテンションで後から自分でも苦笑していそうな「ハイ!!」が好きです。
だきょう
2007年 11月 18日 (日) 19:21 | 編集
内村サマァ~ズ拝見したのですが、
ミランカ、あれ若干使い勝手が悪くなっているような気がしてならないです。
私だけでしょうかね。
サイズも小さくなって、早送りや巻き戻しもできないじゃないですか。
うーむ。

↓以下内容を書きます

今回はバナナマンのお2人がMCでしたね。
せっかくこのメンバーが集まったなら、一刻も早く舞台の稽古をしたいでしょうに。
しかし今回面白かったですねェ。
なんともはしゃぐオジサン達が良いですね。

オープニングで、第1回配信で誓った「カツ丼禁止」令を破ってしまったと、
正直に報告するのが良いですね。
意外と律儀な番組です。
一応報告しようぜ、となるのが愛くるしい。

今回の企画は「5人いれば潰しがきく男達」。
いくつかチャレンジして、5人のうち誰かが成功すればクリアで、
5つのチャレンジをクリアすればOK。
できなければ、1人だけ飲み会で禁酒という収録自体にはあまり関係ない罰ゲームです。
前回といい、飲み会の罰ゲームが続いてますね。
このゆるさが良いです。

最初はブーメランキャッチでしたね。
かたい木製でちょい危ないです。皆さん腰が引けてます。
そんな中1人挙手して名乗り出た三村さんがえらく格好良くみえましたが、
三「ブーメランってどう投げるの?」
に笑っちゃいました。
設「左ほほに風があたる感じがいいらしいですよ。角度てきに」
と玄人みたいな発言をしちゃう設楽さんもまた可笑しい。
こう?
こうですね…
と皆さんでグルグル回るから、スタッフさんが大移動で。
行き場を迷ってバタバタしてるスタッフに、
内「はい移動!はいダッシュ!」
と部活の部長みたいな声を上げるウッチャンが良いです。
しかしウッチャンの、らしくない弱弱しいブーメラン投げにはブーイングの嵐でしたね。
三「それで成功しても…」
設「格好わるくないすか」
日「そういう事じゃないんですよ内村さん」
設楽「内村さんもっと思いっきり投げると…」
日「内村さんそんな人だと思わなかった」

とまで言われてますよ。
生き生きと皆さん突っ込んでます。嬉しそうです。
そして1人日村さんがもう劣等生みたいな感じで。
直線しかいかないブーメランに哀愁が。
ここでルール変更しまして、一人が投げてそれを誰かしらがキャッチできればOK、に。
意外とウッチャンができる感じでしたね。
スッと投げる。
あまりにスッとしすぎて、
三「みえねぇ!みえねぇ」
設「いま怖かった」

『死のブーメラン』になってしまいましたね。
どっかいっちゃいました、ということで子供用のブーメランに変更。
日村さんが投げると、
大「なんなんだよアイツ」
内「お前帰っちまえ」

皆さん、日村さんを楽しそうに弄る弄る。
そして1人、広いグラウンドを走っている彼に、
大「アイツ本物のブタじゃねぇの?」
とボソッと言う大竹さんに10ポクテン。
後半は惜しい惜しい、の連発でしたね。
主にバナナマンお2人が惜しい。
そのたびにウッチャンの声が響く響く。
内「きたーきたーー!、……ばかーー!」
かなりヒートアップしてましたね。
楽しそう。
設「1個目にしてこの体力の使い方は尋常じゃない」
という事で、さらに妥協して子供用おもちゃブーメランキャッチになりました。
内「飽きてきたな・・」
大「終わんねーな」

と徐々に疲れが見えてきた14投目、
さらーと投げたウッチャンが自分でキャッチして出来ちゃいました。
内「急にとれた」
急に終わりましたねコレ。
面白かったです。


お次はイチローみたいな背面キャッチに挑戦。
グローブ自前ですって。
大「ピーナッツですから」
設「あ、映画で使用したやつですかコレ?」
大「してないやつ」

ん?と困惑するバナナマンをよそに、
三「俺もしてないやつ」
内「俺もしてないやつ」

と。監督も持ってませんでした、とね。
まぁね。そらそうですかね。
この背面キャッチはなんといっても三村さんが凄かったですねェ。
1回目からもう惜しい。
硬球と知らずに取ってて、ゾーッとしてる三村さん。
大「顔面いってたら終わりだかんな」
恐怖をあおる大竹さん。心配だったのでしょうよ、ね。
三「あのね普通にフライとる感覚で猫背になればいけるから」
早々にコツを掴んだ三村さんが見事に成功。
しかも軟球に変えての、ためし打ち時に成功。
凄い。


続いてストラックアウトパーフェクト。
9個のパネルを倒すのに用意された球は9つという。
一切余裕がない状況に笑っちゃいました。
いやぁしかしウッチャンのフォーム格好良いですねェ。
じっくり観れて良かったです。
そして所々で設楽さんが緊迫感をあおるんですよね。
設「これで遊び球がなくなりました」
とか。追い込むくせに自分が投げた直後、
設「あダメだ」
と、早々とあきらめモードなのが可笑しかったです。
緊張感が抜けちゃったよ。
おなじみ妥協案コーナー。
今より距離を縮めて再挑戦。
三「編集でちゃんとマウンドから投げてるみたいな感じ・・・」
設「いやムリですそれはムリです」

設楽さんのツッコミは意外と好きだったりします。
距離が近くなって、出来そうな雰囲気が出てきましたね。
大「やっちゃっていい?」
内「やっちゃっていいから」

格好つけてますが、如何せん距離は近い。格好良いような悪いような。
さぁ球が4つ、パネルも4つと、ミスが許されない展開の中、
ウッチャンがココに来てまさかの失敗。
全員「・・・・・・」
内「・・・はい妥協案!妥協案!」

『プライド無し』
何が何でも成功するまでやりたいみたいです。
内「距離つめよう」
という事で、さらに距離をつめまして、5mでのチャレンジとなりました。
物凄い近い。届きそうです。
大竹さんなんかもう射的感覚です。
ちょっと面白かったですココ。
5mを馬鹿にしてます。いける!とみたんでしょうね全員。
ウッチャンは失敗しましたけど、皆が当てるたびに、
内「気持ちがいい」
とご満悦。
しかし終盤はやはり遊び球がなくなって、プレッシャーの中大竹さんが最後失敗。
内「・・・もう1回やろう」
内「妥協なんて一切しない、このまま(5m)でやろう」

妥協なんてしたことないです、みたいな顔で格好良く言い放ちます。
なんとここにきて球場のタイムリミットがきてしまいました。
急ぎ足でのラストゲーム。
アナウンス「終了10分前です」
本当にギリギリですねェ。
ポンポン当てていきますが、設楽さんは失敗。
何気にこのゲーム、一個も成功してない彼。
皆に責められてますが、次の大竹さんも渾身の一球が、華麗に失敗。
1番肝心なときにやっちゃいました。
可笑しかったなぁ。
日「どうします?どうします?」
さすがに焦ってらっしゃいますね。
次で本当にラストゲーム。
内「ふーー・・・」
ちょっと落ち着いて、集中力を高めてます。
さぁ力いっぱい投げた!と思ったら、まさかの失敗。
えぇー。
日「やぱいやばいやばい」
一旦落ち着いた空気も一気に消えざわざわ。
内「・・ちょ、こっからこっから
そして、思いっきりさっきの無かった事にしようとしてます。
設「どんだけ妥協案なんですか」
グダグダすぎる展開に笑っちゃいました。
ここにきてチョイ妥協案、
日「もうちょっと前にしましょうか」
ということで、なんと3mまで近づきました。
すぐそこです。
気を取り直してまたウッチャンから投げていきます。
テンポよくポンポン当てていきますが、ラスト2球でまさかの失敗。
大竹さーん。
もう可笑しかったです。
なんだったんでしょうこのチャレンジは。
このグダグダ感は。
もう1回見よう。


続いてボウリング場で、ガムで顔より大きい風船を作る、にチャレンジ。
皆でひたすらくっちゃくっちゃしてます。
設「噛んでる間ヒマなんで、大しりとり大会しませんか?」
日「おーいいねー」

しりとりしながら、風船作りです。
ですが後半はもう風船作りに夢中でしたね。
大竹さんと三村さん設楽さんがお上手でしたねェ。
ウッチャンは小さいのしかできないみたいで。
日村さんはできないみたいで。
顔アップはちょっとなんでしょう。
笑っちゃいました。


続いてボウリングスピードガン33km/h。
三「内村さん腕の力あるから」
大「いけるかもしれない」
内「うーん」
三「だてに沙悟浄やってない」

でました三村さんの沙悟浄いじり。
それを聞くとウッチャンがへなへなーとなるのが可笑しい。
あまりネタにされたくない、みたいな。
ウッチャンはボウリングのフォーム変わりましたよね。
昔はもっとバギッと格好良かった気がするんですが。
コレも肩の所為?かしらね。どうでしょう。
三村さんは投げる前に、一生懸命イメージして、
三「押し出す感じ・・・」
と投げますが、如何せんおっそい。
設「カーリングみたい」
カーリングって。ちょっと笑っちゃいました。
大「終わらせちゃっていいですね」
内「終わらせちゃっていいよ」

またも格好良く言い放っていきます。大竹さんの癖ですかね。
いつも律儀に答えるウッチャンも良い。
バナナマンお2人が32km/hでかなり惜しいところいきましたねェ。
さっきの劣等生ぶりが嘘のようです。
内「あ、妥協案
当然のように妥協案を持ち出してくるウッチャンに笑っちゃいました。
まぁ恒例になってきてはいますけど。
軽めのボールに変えての挑戦になりました。
あの大竹さんのコケっぷりは見事でしたねェ。
『悶絶』というテロップとともに笑ってしまいました。
しかしなんとこの投げで33km/h成功。
素晴らしいですねェ。
ただ結果が出たとき転んでたため観れなくて、
大「ぼんやりしたまま、皆が寄ってきたからやったのか俺は!ていう」
まさしく皆が大竹さんに寄っていった所がスローで流れて、なんか青春くさくて好きでした。


続いて利き腕じゃない方でストライク。
これは結構皆さん惜しかったですね。あと1ピンでストライク取れたのが多くて。
一周終わって、妥協案ないの?ともう妥協してくるあたりが可笑しかったです。
あるにはあるけども、
設「屈辱的な妥協案ですよ」
と言い辛そうな設楽さん。
大「言ってみれば良いじゃん」
設「……利き腕ストライクです」
3人「あーー…」
内「やるよ
三「やるよ

プライドなんて欠片もなく即答する3人に、思わず崩れて笑っちゃうバナナマン。
ちょっとは戸惑えよ!と。
ええと。こっから普通のボーリングですね。
ですが中々ストライクでなくて、やんわり言い訳し始めるのが可笑しいです。
内「利き腕、ていうのに囚われちゃうから」
日「利き腕難しいっすね」
大「利き腕難しい」

『弱小集団』
これには笑っちゃいましたねェ。
確かに弱小だ。
そしてもう恒例となりました、妥協案。
設「ちょっとあのぉ~・・・」
3人「どした?どした?」

設楽さんが進行し始めると、察知して一斉に集まる3人。
設「いやもう解ってるじゃないですが、妥協案」
大「おお、一応言ってみ?」
設「利き腕スペアまでOK」
3人「おお」
内「いいよ」

どこまでも妥協してやる、という心意気までみえます。
設「これでラストです」
設「これでできなかった場合は、怒られますよ。見てる人に」

何やってんだ、と。何普通すぎるゲームしてんだと。
まったく思わない私は変ですか。
さぁ、第1投目はウッチャンですが、ストライクならず、
2投目三村さんスペアならず、
ですが、異様な盛り上がりです。
ハイになってます。
さぁそして最後、日村さんでストライク取ってようやく終了。
三「(俺達に)出来ないことはないよ」
よって、この利き腕じゃない方の腕でストライク、クリア。
クリアですよ。


ストラックアウトパーフェクトのみクリアならず、という結果でしたね。
三「まぁ時間が」
大「時間があれば最後1mからやれた
設「ボール持った手でこう(突ける)」

意味が無さすぎる、とこれには笑っちゃいました。
成功するまでやる、というね。
あぁ面白かったです。


D1000139.jpg

昼飯は
2007年 11月 17日 (土) 15:20 | 編集
20071117152032
キミにきめた!
祭りだ祭りだ~い
2007年 11月 16日 (金) 23:30 | 編集
舞台へ行かれた皆様の書き込みに興奮しっぱなしです。
自分の状況で一杯いっぱいでしょうに、観に行けないFANのために書き込んで下さる優しい方々。
有り難いですねェホント。
一言「面白かった」だけでもニヤッとしてしまいます。
そらそうよねェ、我らがウッチャンの舞台だものね。
つまらないわけがないわよね。と。
言葉でバギッと言われると真っ直ぐ胸に落ち着きますね。
これから行くかたも、如何か楽しんで下さいまし。


そして12月26日に、ウンナンのトークライブが決定とな。
あれまぁ。本当にトークライブでしたねェ。
ウンナンがトークライブって、珍しいですよねェ本当。
どうしたんでしょう。
FANにとっては本当嬉しいですねェ。
DVDとかにしていただけるのかしら。




そしてそうそう。
WOWOWのプルミエール。
ウッチャンもちもちしてましたね。なんだか。
昔のシュッとガチッとした感じが抜けて、良い感じにオジサンな体になったような。
二の腕付近が特に。もちッと。
そんな気がしました。ええ。
てアンタ何処見てんのよ、と。
いえいえ体ばっかみてるわけじゃありませんですハイ。
今回の舞台の事をお話してくれましたね。
映画か何かと思って書き出したけれど、これ舞台でできるな、と思って舞台にしたとか。
へぇ~。
やはり第2弾の映画の事はお考えでしたね。
しかし別に映画にこだわってる風でもなく。
今回は舞台と。
久々にお客さんの前でガッチリお芝居したくなったみたいですね。
内「この歳だから表現できた…表現できるって事を、たぶんやろうとしてるんじゃないかなぁと」
内「20代では書けなかったやつっていう感じですね。

淡々と語ってくれますねェ。
相変わらず物腰柔らかですねェ。
内「信頼しあえるキャスト、スタッフと共に頑張って作りましたので、是非…」
内「えー……観て下さい(苦笑)」

最後が何故かフガフガしちゃったウッチャンにつられて笑っちゃいました。
暖かい感じになりますねェ彼は。周りを巻き込んでの暖かさが心地良いです。
内「いやでもコレ段々、プレッシャー感じてきてるんですよネー」
内「参っちったなー、はっはは」

高笑いしたウッチャンに、
記者「プレッシャーを楽しんで下さい」
と記者さんからのお言葉が。
内「はい、楽しみたいと思いますので」
そう言ったウッチャンですが、
日村さんの日記によりますと、公開リハーサル時点で激しく嗚咽していたとか。
やはりオエオエしちゃったんですねェ。
ベテランでもなれないものなんでしょうね。

久々の舞台はどんな感じだったのでしょうねェ。
ウッチャンの口から感想をお聞きしたいもんですな。
ふぉい
2007年 11月 15日 (木) 19:52 | 編集
いやぁ昨日のドクターウッチャンは何か格好良かったなぁ、という印象。
髪型が好きな髪型でした。
そしてコンビが揃ってるって素敵なこと。

いやしかしポータルがいろんな情報でごった返していて、追いつけません。
みなさんちょっと止まってー。おいてかないでー。
という気分になりますね。はい。

なにやら年末に、コンビ2人で楽しいイベントをするとか何とか。
んイベント?イベントって、なんでしょう?
ライブとかそういう事かしら。
トークライブとか?!
年末という事は、カウントダウンの大晦日の可能性も無きにしも非ずですよね。
それともクリスマス?
そして重要なのが、ソレをTVやらDVDやらで全国のFANが観れるかってことですよね。
そこのところ、激しく気になります。
はりけぇーん
2007年 11月 13日 (火) 22:08 | 編集
ちょ

ナックスハリケーン歌いやがった!!

もう今ソレばっか頭に残ってしまった私は負け組です。
北海道の子猫ちゃん達は、そらもう凄い動揺してらっしゃるでしょうね。
全国放送の連続ドラマでご披露されるなんて。大泉さんたら。
いやぁ最高だ。

ね。暴れん坊ままの事ですよ。
なんかドロドロ度が増してきてますよね。
それでも明るいシーンがいくつかあるのが良いです救いです。ありがとう。
クライマックスに、前の奥さんが登場するのかなぁなんて思っていたので、
思いのほか早く登場されて、アレこれ最終回の盛り上がりはどんななんだろうと。
楽しみになりました。


前の奥さんとの密会のシーン、素敵だったなぁ、と。
ホテルのあの赤いランプの灯りがね。
ぼわーとしていて良かったですよ。
ちょっと悲しげな、切なそうな大泉さんのご表情とともに。
素敵素敵。




そしてアユがもっているオレンジ色のエコバック(?)が欲しい。
そんな今日この頃。
何度でも
2007年 11月 13日 (火) 17:18 | 編集
20071113171842
定期的に観たくなるドラマ

ケイゾク
濱マイク
トリック
ウエストゲートパーク




あいどる
2007年 11月 12日 (月) 20:09 | 編集
あらぁ、日村さんの日記にウッチャンの事が書かれてました。
ウッチャンは本当に楽しく稽古をする人だ、と。
とにかく現場がピリピリしないんですって。
へぇー。
いつもニコニコしているって凄いことですよねェ。
中々できるもんじゃないですよね。
日村さんの言う通り、バナナマンさんや役者陣の前ではピリピリを見せないだけかもしれないけれど、
それでも十分凄いと思います。

でもそういえば、サマァ~ズさんお2人が内Pで、
本番が近づくとピリピリするウッチャンが怖い、て言ってたような記憶がありますが。
アレはアレ、コレはコレですね。
ね。
さらに丸くなったのかもしれないもの。ね。
ね。


そういえば昔から思っていたのですが、ウッチャンって、
ある人からは、ニコニコしていて優しい人、といわれたりする一方、
別の人からは、怖いとか近寄り難いとか、両極端な感想を持たれる人ですよね。
どっちが素のウッチャンなんだろう、と思いつつ、どちらも同じウッチャンなんですよね。
いつもニコニコしているようで、やっぱりたまに急に一人で黙り込んだりするんでしょうね。
それを観てサマァ~ズさんがまたおっかながるんでしょうね。
そして番組中に注意されちゃうんでしょうね。
うんうん。それがいいそれがいい。
暗黒
2007年 11月 12日 (月) 13:26 | 編集
20071112132645
すごい雲です

人の感情主に悲しみや怒りをどん底まで吸い込んだような深い色をしてます

いやまぁただの雲ですけど
いたい
2007年 11月 12日 (月) 12:57 | 編集
20071112125702
店員さんの視線て、なんであんなに攻撃的なのだろう
まぁ変な時間帯に行ったわたしが悪いのでしょうけど
しょうけど
しょうけど

雷が怖い
のほう
2007年 11月 11日 (日) 21:13 | 編集
昨日はナンチャンのドラマでしたねェ。
ザッピングしていたらナンチャンが映って「おっ」と思いながら観てましたが、
やがておとずれた強力なアイツ(眠気)の所為で、わたしの意識は闇へといってしまいました。
ああナンチャン。
チョロッとしか観れなかったけれど、素敵でしたよ。ナンチャン。
あれあれ
2007年 11月 10日 (土) 06:26 | 編集
20071110062629
朝からおなごが沢山いる
今日はなんかあるのかしら

ザャニーズ系ですかな?
半分TOKYO
2007年 11月 09日 (金) 22:50 | 編集
ウッチャンの舞台、本番まで日が少なくなってまいりましたねェ。
彼の近況が聞ける場が無い今、このネットが大活躍ですねェ。

とあるスタッフさんが、なんとも小まめに稽古の状況を報告してくださり、大変嬉しいんです。
だってね、そのスタッフさんだって、かなりお疲れだと思うんですよ。
毎日毎日、夜遅くまで稽古してらっしゃるのに。
「ハンブン~」の検索で訪れるFANのために、なのでしょうね。
まめに役者陣や座長の様子を書いてくださって。
とくにウッチャンの事はどんな様子なのかを細かく書いてくださる。
深夜2時までスタッフと会議とか。
ひょー。ですね。
やはり作、演出だと全部に関わるんですね。
映画でいう監督みたいなポジションですかね。

きっとウッチャン、いま、幸せなんだろうなーと。
どんなに大変でもね。
根から作っていくことが好きな人、ですものね。彼ね。
人徳もあるし。才能も溢れてる。
逆境にも耐えられる強さ、人を守る強さ。
責任感の強さも持ち合わせて。
ああ凄いなぁ。
本当にわたしにとって尊敬してしまうお人ですよ。ちくしょう。
めし
2007年 11月 08日 (木) 18:39 | 編集
20071108183859
ひもじい
…が美味い!
急に離れて歩いてる
2007年 11月 07日 (水) 21:24 | 編集
某動画サイトであの、関東ローカルで全国の地方組が涙を飲んだ
「ウルトラC」がUPされておりました。
断片的なUPでしたけども、なんとありがたいことでしょう!
最近コレばっかりでございます。
本当に有り難い。
動画サイト万歳。UPしてくださった方万歳。

明日見ようと思ったのですが、観ちゃいました。
全部。一気に。
テロップで区切ってテンポ良く、案外シュールな世界だったのですね。
いやシュールっていうのかしら。なんていうのかしら。
とにかく、こんな面白かっただなんて。
マイク争奪のレコーディング風景とか、
ジニーさんの写真撮影に、セクシーポーズで応戦する男性陣とか。
もう面白かったです。
笑っちゃいました。

いやぁーあの4人いいですなぁと。改めて感じました。
ウドさんと大竹さんというメンバーもコレ最高です。
プライベートでも遊んじゃうような、ウッチャンと仲の良い方たちですものね。
だからあの空気感が出せるのでしょうかね。
とにかく良い番組だったのだなぁ。

時を経て、拝見できて良かったです。
当時の悔しさといったらコレ。嫌でしたねェ。地方組。
大多数の方が嘆きましたよね。
私もですよ。関東が憎かったですよ。
でも確かあの時は、内Pもドラマもやしがにもホントコも犬も上々も、
沢山レギュラーあった時だったので、
いつか倒れちゃうんじゃないかって、心穏やかではなかったです。
そんな思い出があります。
観れてなかったけど、このウルトラCがのほほんと気の抜けるような番組であればいいな、と願ってました。

それでもジニーさんのため、番組をやらせて下さいと頭を下げて回ったというウッチャンは、最高に男前だ。
暴れんぼー
2007年 11月 06日 (火) 21:55 | 編集
20071106215503
この子役が笑うだけで、私も笑顔になっちまいます。
かわいい。
あーかわいい。
それだけでいい。

大泉さんのカメラ目線での
「帰りてぇー!」
は、テンションといい間といい私のツボでした。
そしてゴルフに付き合わされてイラついてる姿がかこいーと思いました。
ふへへへ
あははは
ぬんふひ

copyright (C) だらけル。 all rights reserved.
designed by polepole...